パワースポットとは?

日本のパワースポットは、「良い波動を持っている場所」ということです。
この場合の波動は、エネルギーとも言う事ができ、エネルギースポットとかスピリチュアルスポットという言い方で表現されることもあります。
エネルギースポット、スピリチュアルスポットのどちらも、そこが良い場所であるということを表しているのは同じです。

パワースポットのエネルギーというのは、天のエネルギー、土地のエネルギー、地下のエネルギー、建物のエネルギー、そして人のエネルギーという四つの要素から成り立ちます。

神社の鳥居は、神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)です。
気功などを実践している方で、手のひらなどが敏感な方は、鳥居をくぐると暖かく感じ、本殿にお近づくにつれ、さらに暖かくなります。

手のひらが敏感な方は、神社以外でもパワースポットへ行けば、暖かさを感じることができます。

パワースポットでは、身体が癒され、活性化されます。
前屈してみればわかります。
パワースポットでは、身体が活性化され、肩は軽くなり、座っていて立ち上がる時も体が軽くなり、前屈がもっとできるようになります。

人間の場合、波動が高い人はめったにいないんですが、波動が高い人の傍に近づくと、前屈などがしやすくなるし、肩が軽くなったり、痛みが消える場合もあります。

経営コンサルタント船井幸雄さんが紹介している樽崎皐月さんのイヤシロチ(癒される地)とケガレチ(穢れた地)の考え方もそうでしょう。
イヤシロチ=植物生育の優性地で、人間の健康地でもある。しかも物質の耐久性を付与する地帯である。電気的には、還元電圧地帯。
ケガレチ=植物生育の劣性地帯で、人間に不健康な土地でもある。しかも物が腐りやすく壊れやすい地帯である。電気的には、酸化電圧地帯。

イヤシロチは波動が高いはずです。




旅行の大バーゲン!格安旅行満載の阪急交通社






日本旅行 国内宿泊予約宿ぷらざ




posted by ゆうこ at 23:14 | Comment(0) | 旅行
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
デザイン>コンテンツ>最近の記事>コンテンツHTML編集
記事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。